昔からある、数々の自然の美容材料の中に、米ぬかと言うものがあります。

この米ぬかは、現在はほとんどの方が、あまり見る機会がないと思います.

しかし今、流行の自然派ブームに乗って、この米ぬかパワーが注目されています。

今回は、米ぬかの魅力にせまってみたいと思います。

そもそも、米ぬかって何なんでしょうか。

米ぬかとは

玄米の表面をけずって精米するとできるのが、この米ぬかです。

この中には、なんと、玄米に含まれる栄養素の9割以上が含まれているんです!

米ぬかの原料は胚芽とそれを守る種皮。

胚芽部分には、抗酸化作用のあるミネラル・ビタミン類、また、体の毒素の排出を促すフィチン酸などの成分があります。

表皮部分には、腸内を掃除してくれる食物繊維などがたくさん含まれています。

実は、お米の一番健康にいいところを、削りとったのが米ぬかなんです。

では、米ぬかには、どんな効果があるのでしょうか。

今回は、肌に関係することに注目して、あげてみます。

米ぬかの効果

・肌の洗浄効果

・エイジングケア

・米ぬかセラミドがお肌を復活させる

・毛穴の黒ずみ・シミに効く

・皮膚の弾力性を保ち、新陳代謝を促す

・肌の新陳代謝えを活性化させる

・保湿効果

・外部からの刺激に対して、肌の抵抗力をアップさせる

かなり良さそうですよね。

注目されているのも納得です。

さて、この米ぬかを使った、米ぬかパウダーと言うものがあります。

米ぬかパウダーは、簡単に作る事ができるんです。

米ぬかパウダー作り方

1. 米ぬかをフライパンに入れます。

2. 弱火で米ぬかを煎ります。(約4~5分)

3.バットに入れ冷めるまで待つ。

終了です。

何かの入れ物に入れて保存しましょう。

簡単すぎますよね。

こんなに簡単なら今すぐにでもやりたい!

と、思いますが、米ぬかってどこで売ってるの?

と思いませんか?

あんまり見る機会がない米ぬか。

こんな所にあるようです。

米ぬかの販売場所

・スーパー

・コイン精米所(無料でもらえる所がある。)

・お米屋さん(譲ってもらえるか聞いてみる。)

・ネット

運がいいと、無料でもらえる事があるんですよ。

無料で美肌になれるなんて!!

近くで貰える所がないか、探してみましょう。

さて、この米ぬかパウダーを洗顔に使用する方法を調べてきました。

このようにすると良いらしいです。

洗顔料に使う方法

米ぬかパウダーを使う方法は、何種類かあるようです。

その中でも、簡単にできる方法はこちらです。

米ぬかを直接顔につける

1.スプーン1杯〜2杯の米ぬかパウダーを手にとり、水を適量加えて指先でよく混ぜます。

2.水分を含んだ米ぬかを、そっと顔に伸ばしましょう。

3.やさしくマッサージするように動かします。

米ぬかを直接顔につける方法は、肌が丈夫で脂性肌質の方向きです。

米ぬか袋を使う

1.オーガニックコットンや、ガーゼを使う。(縫って袋を作る。)

2.袋の中に大さじで3〜4杯くらい米ぬかを入れて、紐などで口を縛ります。

3.ぬか袋にお湯を含ませ、中から白い液がしみでてきたら、顔をやさしく撫でましょう。

また、一度使用したぬか袋は、毎回中味を捨てて使います。

袋を作るのが面倒な場合は、使っていないハンカチの真ん中に米ぬかを入れて、四隅を合わせて縛るといいそうです。

普通肌からデリケート肌の方は、ぬか袋を使った方法がおすすめです。

簡単な方法でした。

面倒くさいと、続けられそうもない方には、米ぬか配合の洗顔料が売っていますよ。

また、米ぬかは、自然のものなので、低刺激です。

しかし、アレルギーの方などは、一度パッチテストをして確認してくださいね。

まとめ

米ぬかパウダーって初めて聞きましたが、低予算で高品質な洗顔料が作れることがわかりました。

思った以上に、効果が沢山ありましたね。

また、本当に簡単に作れてしまいます。

これは凄いものを見つけてしまったかもしれません。

早く米ぬかを探しに行こうと思う筆者でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です